医療機器、理化学機器の輸入販売
株式会社リコオテクノは、欧米の一流医療機器、理化学機器を取り扱う専門商社です。

e-Mail: info@riko-techno.com

電話:03(5577)6133

受付時間: 平日 AM9:00〜PM17:00

リコオテクノ:医療機器・医療業界動向

トップ > 医療業界動向 > 再生医療機器を医療機関へ導入支援!仮想通貨によるクラウドファンディング

再生医療機器を医療機関へ導入支援!仮想通貨によるクラウドファンディング

仮想通貨で最先端の再生医療機器を購入

再生医療機器仮想通貨「SAKURA BLOOM」を運営する「NEGTEC(東京)」は、平成30年8月30日、仮想通貨による寄付型のクラウドファンディングを開設することを会見で発表。
このポータルサイトは、「CD34陽性細胞」を抽出する「CliniMACS」の購入が目的で「SAKURA BLOOM」コインによる寄付を募り医療機関へ再生医療機器を導入することが目的となっています。
仮想通貨「SAKURA BLOOM」での寄付は、誰でも参加可能で、寄付が再生医療機器の購入代金に至った時点で再生医療機器を医療機関へ寄付するものです。

画期的な医療機器「CliniMACS」高い安全性、良好な実績

「CliniMACS」は、細胞プロセシングにおいて各工程の自動化を可能にした完全閉鎖式の自動細胞調整装置で、細胞の洗浄や濃縮、分離、培養、赤血球の除去など一連のプロセスを統合し、画期的なソリューションを提供する医療機器です。
「CliniMACS」は、これらのテクノロジーを基盤として、患者のニーズに合わせたサンプルの調整や分離プロトコールを始め、革新的な研究を次世代レベルの細胞療法へと繋げる強力な医療機器と言えます。
「CD34陽性細胞」を用いた血管再生療法は、急性心筋梗塞など様々な心血管疾患患者を対象に、高い安全性と良好な実績が報告されています。

重症下肢虚血や難治性骨折に有効な再生医療機器

再生医療機器「CliniMACS」は「CD34陽性細胞」を抽出する再生医療機器で、「NEGTEC」は会見で、「CD34陽性細胞」を利用した再生医療は、糖尿病や加齢現象が起こす動脈硬化などを原因とした重症下肢虚血や難治性骨折に有効と説明。
重症下肢虚血は発症後、1年後に死亡率が25%、5年後には40%〜50%に上がるといいます。
「NEGTEC」では、先端医療に使用する医療機器購入に対する寄付を募るだけでなく、医療機関への導入促進に繋げるため、1台の「CliniMACS」を東京・江東区のクリニックに寄贈しました。

先端医療技術、医療機器が現場に届くまでに時間かかりすぎ

仮想通貨「SAKURA BLOOM」コインを発行する「NEGTEC」は、仮想通貨の持つブロックチェーン技術を社会貢献に使用できるよう模索し、海外と比較して日本の先端医療技術が実際に医療現場に使用されるまでに時間がかかることを理解。
仮想通貨を利用した再生医療機器の導入への支援を決定、開始することとなり、この先端技術は平成30年3月に厚生労働省の「先駆け審査指定制度」にも指定され、早期の治療を待つ患者が待ち望んでいます。
この再生医療技術を導入希望の医療機関を募り、全国50ケ所の医療機関へ設置を目指すとしています。

[2018.9.18更新]

▲ page top