医療機器、理化学機器の輸入販売
株式会社リコオテクノは、欧米の一流医療機器、理化学機器を取り扱う専門商社です。

e-Mail: info@riko-techno.com

電話:03(5577)6133

受付時間: 平日 AM9:00〜PM17:00

リコオテクノ:医療機器・医療業界動向

トップ > 医療業界動向 > 産官学で医療機器の開発から製品化まで支援!

産官学で医療機器の開発から製品化まで支援!「マーケットイン型開発」へ転換

九州ヘルスケア協議会「伴走型」の医療機器開発コンサルサービスを開始

医療機器の開発から製品化医療機器などの開発を支援する産官学組織のHAMIQ(Health-care And Medical device Industry in K(Q)yushu:九州ヘルスケア産業推進協議会)は、医療機器の開発から製品化に向けた企業を支援するため、新たに市場探索から一連の過程を助言する「伴走型」のコンサルティングを始めました。
医療機器の製品化には、人体にも関わるため通常の機器に比べ規制が厳しいとされるなか、中小企業からの新たな医療機器市場への参入ニーズが高いと判断し、支援を開始しました。

医療機器、開発事業者と医療従事者との関係構築がない事業者も

医療機器の開発には医師や看護師など医療従事者の声を反映した製品の開発が重要ですが、開発企業の中には医療従事者との関係構築がなされていない事業者も多く、HAMIQでは評価者の選定なども協力する方針です。
使い勝手が悪く、医療現場のニーズに合わない医療機器も数多くあるのが現状であり、医療従事者から見れば「こんな医療機器、サービスがあれば」と思うものの、日々の過酷な業務からじっくり医療機器に関して考える余地もなく、医療機器メーカー志向の医療機器をそのまま使用し、現実に甘んじてしまうのが普通のようです。

医療機器の開発事業者の一方的な思いで開発しても・・

医療機器の開発から製品化医療機器メーカーの意志や志向、発案、マーケティングなど主導で製品化された医療機器は、経営の世界では「プロダクトアウト(product out、product oriented)」と呼ばれる一方、医療現場でのニーズや課題解決を重視し医療機器を開発する「マーケットイン(market in、market oriented)」という考え方があります。
日本の医療機器市場において、「技術大国・日本」でありながら欧米の医療機器が過半を超え使用されているのは、この「マーケットイン型開発」の成果と見られています。

改善や改良を繰り返しニーズに合った医療機器へ

日本において新たな医療機器や医療サービスを創り出すのは規制も厳しく、企業にとってはリスクもあり並大抵のことではありません。
現在、日本の医療現場で活用されている医療機器は、改善や改良を何度も繰り返し、医療従事者のニーズに合った医療機器として使用されており、まさしく「マーケットイン型」の生産方法です。
ここ数年、患者のニーズや医療の課題は複雑化しており、既存の医療機器ではリアルタイムに解決できない部分もあり、「メディカル・ヘルスケア」や「介護・福祉」などの展示会などでは、医療従事者が持っているアイディアを聞くブースも設けられています。
現在の医療機器市場では、まだまだよりニーズに合った医療機器に解決すべき課題は山積みであり、それが新たなビジネスチャンスにもなっています。

[2018.9.7更新]

▲ page top